ミレーナ(子宮内黄体ホルモン放出システム)

ミレーナとは

大阪のミレーナとはミレーナは、子宮内に挿入することで、5年にわたって持続的に高い避妊効果が得られる避妊リングです。
付加された黄体ホルモン(レボノルゲストレル)が子宮内膜の増殖を抑制し、妊娠を回避します。
また、経血量が多い、月経痛がひどいといった場合には、その症状の軽減する効果も期待できます。

ミレーナとピルの違い

避妊の成功率

ミレーナは、ピルよりも避妊の成功率が高い避妊方法です。

血栓症の心配がない

ミレーナに付加された薬剤は、子宮近くの組織にのみ作用します。そのため、血栓症などの心配がありません。

喫煙者・40歳以上の女性でも使用できる

ピルを服用する際に望ましくないとされる喫煙をする方、よりきめ細やかな管理が必要とされる40歳以上の方でも、ミレーナであれば安心してご使用いただけます。

ミレーナをおすすめする方

  • 喫煙習慣がある、40歳以上、血栓リスクが高いという理由でピルを避けたい方
  • そのほか、避妊のためのピルの服用ができない、適していないと言われた方
  • 月経困難症の方
  • 経血量が多い方
  • 子宮腺筋症、単純型の子宮内膜増殖症などの方

ミレーナをおすすめしない方

  • 付加されている成分に過敏症を
    持っている方
  • がんや黄体ホルモン依存症腫瘍を患っている、またはその可能性がある
  • 不正出血がある方
  • 子宮の形態・位置の異常を指摘された方
  • 子宮に先天的な異常がある方
  • 子宮内膜炎、卵管炎などを患っている方
  • 過去3ヵ月以内に性感染症(性病)にかかった
  • 子宮頸管炎、膣炎がある方
  • 骨盤内炎症性疾患がある方
  • 直近3か月以内に分娩後子宮内膜炎、
    感染性流産になった方
  • 子宮外妊娠を起こしたことがある方
  • 子宮口の拡張で強い痛みなどを
    起こしたことがある方
  • 重度の肝障害や肝腫瘍がある方
  • 妊娠中の方

ミレーナの効果

  • ピル以上の避妊効果が、5年間維持されます
  • 月経痛の緩和が期待できます
  • 経血量が抑えられます

過多月経・器質性月経困難症の治療としてミレーナを使用する場合には保険適用に

過多月経・器質性月経困難症の治療としてミレーナを使用する場合には保険適用にミレーナに付加されている黄体ホルモン(レボノルゲストレル)は、子宮内膜の増殖を抑制します。そのため、避妊効果に加えて、過多月経、器質性月経困難症の症状の軽減が期待できます。
これらの疾患の治療を目的としてミレーナを使用する場合には健康保険が適用されますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ミレーナの副作用

主な副作用

  • 月経出血日が延びる
  • 月経周期が変わる
  • 卵巣のう胞の発症
  • 不正出血
  • 腹痛、腰痛

通常、これらの副作用は、日数の経過とともに軽減します。

重大な副作用

  • 骨盤内炎症性疾患
  • 子宮外妊娠
  • 挿入時の子宮穿孔
  • 卵巣のう胞破裂

ごく稀ではありますが、上記のような副作用も報告されています。事前にこれらのリスクについてもご説明いたします。

ミレーナの注意事項

  • 正しい位置が維持されているか、そのほか異常がないかを確認するため、必ず定期健診にお越しください。(使用開始後1か月、3か月、6か月、12か月、その後1年に1回)
  • 使用中、ミレーナを取り出す際に使用する糸が子宮口から出ています。この糸は決して引っ張らないようにしてください。
  • 通常、月経中に使用を開始します。その際、一時的に痛みが生じることがあります。

ミレーナの費用

ミレーナの挿入費用 66,000円
ミレーナの抜去費用 5,500円

※税込価格になります。
※自費初診料 2,200円(税込)
※自費再診料 1,100円(税込)

TOPへ戻る
TEL:06-6773-1138 WEB予約 English Page TEL.06-6773-1138 WEB予約